ホーム > 活動 > 任意整理の良い点

任意整理の良い点

任意整理というのは一般的に借金の整理というようにも呼ばれていてそれらの貸し手に対して借金の支払いを継続することを前提とした借金を整理していく形のことです。

 

一般的な流れは債務処理経験のある司法書士あるいは弁護士の有資格者債権を持つものとあなたとの仲介役として利息を定めている法律に照らして利息の再考慮を行って新たに計算しなおした元金にかかってくる年利を下げることで36か月程度の期間内で返済を目指す借金整理順序です。

 

この場合はいわゆる裁判所といった公的機関が口出ししないためそのほかの処理と比較して、採用した場合における不利な点が最も少なく過程はほとんど重荷にならないのでここから比較検討するようお勧めしたい手順になります。

 

それから、貸方がサラ金などの法外な利子の場合には利息制限法で決められている貸出金利に加えて支払った金利に関してはその元金に充てられると考えてもととなる元金そのものを少なくすることも不可能ではありません。

 

ということから、ヤミ金業者のような高額な借入金利を取るところに対し長い間返済し続けている場合だと予想以上の額を減らせる場合もありますし、10年以上続けて返し続けている場合だと負債そのものがクリアーになる場合もあります。

 

任意整理の良い点を挙げると、破産手続きと違いある部分のみの負債のみを処理することができるため、他の連帯保証人がいる借入を別として手続きをしていく際やマンションのローン以外だけを手続きをしていく場合などにおいてでも活用することも良いですし資産を処分することは求められませんので、クルマや有価証券財産を所有しているものの、放棄したくない場合でも活用できる借金整理の方法といえるでしょう。

 

いっぽうで、手順を踏んでから返済が必要となる額と収入を比較検討して適度に返済が見通せるようなら任意整理の手続きで進めるほうが良いといえますが、自己破産とは違って返済義務そのものが消滅してしまうのではありませんので借金の金額が大きい場合には、現実には任意での整理の手続きを踏むのは困難になると考えるのが無難でしょう。


関連記事

任意整理の良い点
任意整理というのは一般的に借金の整理というようにも呼ばれていてそれらの貸し手に対...
テスト
テスト記事です。...